女性が活躍している看護師という仕事は、十分に子育てと両立をしていくことができるものです。看護師は年収額が非常に高く、女性でも500万円前後の収入が得られることもあります。それだけの年収があれば、子供を楽に育てていくことができます。塾や大学にも通わせてあげられるので、金銭面で安定しているのが魅力です。さらに、看護師は女性が多い仕事場になるので、育児に関する理解を得やすいというメリットもあります。最近は女性看護師の子育てを支援する病院も増えてきており、時短勤務制度を利用したり、病院の託児所に自分の子供を預けて、安心して労働ができるケースも増えてきています。

病院の託児所を利用する場合は、費用がやすかったり、全くかからない場合もあります。専門家がしっかりと子供を見ていてくれるので、完全に仕事に集中ができます。病院の託児所なら、送り迎えをする必要もないため、時間のロスも生まれません。また、時短勤務の場合は、一時的に給与は減る可能性があるものの、正社員やというポジションを維持して、無理なく働くこともできます。

こうしたサポートをすることで、看護師の離職率にストップをかけようというわけです。このような取り組みは、まだ限られた業界や大手の企業でしか積極的に行われていませんが、今後は介護の世界でも増えていくものだと考えられています。社会全体で子育て支援ができれば、日本の最も深刻な問題である少子化にも一定の解決の目処がつくかもしれません。少子化が解決すれば、年金の問題や社会保障費の問題なども一挙に解決できる可能性が生まれるので、ぜひ女性の育児支援が充実することに期待したいものです。